指が痛い

昨日はイオンモールでライブしてきました。月に一度のライブだから 
いつもテンションがあがっちゃう
約2時間演奏して来るので 今夜はもうギター触る気にもならない
指が・・・指の先が痛いからねぇ
そうそう 指が痛いで思い出した・・・・・
ギター始めた頃 鉄の弦を押さえるから 指が痛くて 
綺麗な音を出すには強く押さえないと鳴らないと
思ってたから  実は そうじゃないんですwwww
教則本なんかにも コードは指で押さえるって書いてるから 誤解しちゃう
強く押さえちゃいけないの 実はwwwww 本当はね
ましてや 指が痛くなるほど強く押さえるなんて 大間違い
試してみると良く判る実例
右手をギターのネックに見たてて コードを作ってみて下さい
で・・・力一杯に押さえる 
その状態では次のコードに変換するにはかなりの時間が掛かるはず
指って 力を入れるほど 動きが悪くなるwww
スムーズに形を変えたり 滑らかに動かすにはあまり力を入れちゃいけない・・・・
でしょwww
だからギターのコードもあまり力を入れて押さえない事
音が鳴る限界点まで力を抜く事が重要なんです。
コードの形を覚えたら そのまま どこまで力を抜けるかの練習をするといいです。
ギターの上手い人ほど 力を抜いて 滑らかに 指を動かしてますwwwww
ね・・・・これも誤解  指が痛くなるほど押さえない
でも まぁ 2時間3時間も弾いてれば 力抜いてても 痛くなるわなぁwwwww



人気ブログランキングへ

この記事へのコメント