いいギターは演奏者を育てる

我が愛器 音楽の先輩から「出来るだけいいギターを持ったほうがいいよ」って助言されて
まだ高校生だったのにアルバイトしまくって買ったギター
もう30数年前・・・・アルバイトの時給 450円時代www
その当時で20万円・・・今思えば 無茶したなぁ
でもこの愛器のおかげで今も音楽を楽しんでる。
いいギター弾いてると 音がいいから簡単な事弾いてても 心地いい
なんだか上手く弾いてるような錯覚に落ちるwww
心地いいから いつまでも 弾いてる だんだん上手くなってくる  好循環wwww
感動したのはレコードに合わせて弾いたら 同じような音が重なって聞こえた事
同じコードでひくから 当たり前なんだけど・・・・あの頃は只ただ 感動してたなぁ

後から知ったんだけれど・・・いいギターは「生きてる」
昔ながらの手工のギターは“木”を大切に作られているから生きたままギターの形になってるwww
雨が近くなると 自然に中から水分を放出して ネック(握るとこねww)がベタベタするwww
乾燥してる時は 研ぎ澄まされたような綺麗な音に聞こえる 
何年もかけて弾きこんでいくと ある時期から突然 鳴り出す
自分の愛器も7年位前から突然 鳴り出してね  買った頃の1.5倍近くの音量で鳴り出した
今は弾いてて心地いい なんだろう 音に包まれるような感覚?
この愛器 今までの自分のライブのほとんどを共に乗り越えてきた 言わば戦友
この愛器さえ弾いていれば どんな大きな舞台も怖くなかったよ
愛器に育てられた・・・・・と思ってる


zio.gif

いいギターは演奏者を育てる   うん うん 実感wwwwww



この記事へのコメント