儚い夢

今でこそギター弾けてるけれど 実は一度 挫折してます
あれは・・・・中学1年の冬 同級生がギター弾くの見てて 「かっこいい」と思い
お正月のお年玉で 初めてギターを買った 近所のショッピングセンターのレコード屋さんで
無名のギターをね   今思うとギターのようなオモチャ
で 教則本も買って・・・・始めたわけです   練習曲は定番「禁じられた遊び」
教則本には指の押さえる位置(タブ譜って言うの)が書いてあって  で右手で弦を弾く順番も書いてて
ひとつひとつ 教則本の通りに弾くのね・・・
もったのは2~3日・・・「こんなのできるかぁ」って ちゃぶ台返しした
そのまま ギターは部屋の隅で「飾り」と成り果てた
あの時から 今も あのタブ譜って 苦手www
いちいち見ながら 押さえるとこ確認して 弾く弦の順番確認して・・・
え~~~い!! まどろっこしい・・・・    「向いてないわぁ」
かくして ギターを弾いて「モテるはずの夢」は 儚く消え去ったのです
あの年のお年玉 全額つぎ込んだのに・・・・・

この記事へのコメント