ノアさんのこと その6

ノアさんはよくこういいます
「ギターリストはね、ただ技術的に上手いだけじゃだめなんだ。聴いてくれるひとたちがいて、そのひとたちも自分もたのしむことができなきゃね」
「たのしむためにはそこそこの技術があれば充分。あとはギターを信頼して弾けばいい。ミスやハプニングもご愛嬌。心からたのしんで弾けばちゃんとお客さんに伝わるから」

ノアさんはいつもそんなふう。

ノアさんと相方さんのユニット“simple”
まさにそれを体現してて
ライブの時に弾く曲はステージに立ってお客さんの顔をみてからきめるというオソロシイひとたち(((゜д゜;)))

技術的に上手いのかなんてあたしにはわかんない。
ただ・・・
とってもたのしそうなことはわかる。

ノアさんも相方さんも
聴いてくれてるみなさんも。

そんなとき
ノアさんはギター抱えてはじめて
ノアさんとして完成するんだなぁ
とつくづく思う。

音源だけ聴くと
弾いてるときの顔や雰囲気がみえないぶんどうしても
技術的な部分や音程(笑)などに気を取られるけど
いつかノアさんの演奏を生で聴いてみて^^

ミスタッチもアレンジもすべて
“個性”として自分の味方にして
聴くひとを納得させて笑顔にしてしまう
不思議な魅力を持ったギターリスト“Noa”
にであえるよ(‐^▽^‐)

この記事へのコメント

  • zizi

    Noaさん、Doraさん、こんばんは
    「聴いてくれるひとたちがいて、そのひとたちも自分もたのしむことができなきゃね」
    はい、慰問では思い知りましたです
    80代に喜んでもらうためにはどうすればいいか
    よく考えてみないと・・・
    なにか一緒になって笑い合えるような
    そんなライブができたらなって思いますが
    まずは頭でっかちを捨てることも必要かもしれませんね
    私もNoaさん目指して頑張ります!!
    2016年08月05日 21:45
  • Dora

    >ziziさん
    ziziさんご来店ありがとうございます^^♪

    緻密で細やかなギターとの付き合い方がziziさんの持ち味だと思います!ブログ拝見してそう感じました。一曲一曲、ギターの一本一本と丁寧に向き合っていらっしゃる、そしてその完成度がハンパじゃない(お笑いセンスも含めて)。
    ziziさんのギターに対する姿勢、すごく勉強になります。
    またおじゃまさせてください♪
    2016年08月06日 08:16