ノアさんのこと その7

ノアさんの演奏のバックに時々ケータイの着信音が入ったりするでしょ
「そういうの録りなおしたらどかな」っていってみたの。
そしたら
「だめだよ。同じ演奏は2度とできないもの」って。

オモシロい発言だなと思った。

譜面通りに練習して憶えた演奏なら再演は可能なのだろうけど
ノアさんは
自分の中にある曲にその時々の気分で伴奏をつけて歌うから
たとえもう一度弾いても
“さっきの気分はその時かぎりだから同じ仕上がりにはならない”
って意味なんだと思う。

ノアさんのギターはよくもわるくも自由気まま。

「気分じゃない」ときはギターに触れないし
ノッてるときは
あたしが流す初耳曲にだって驚くようなサイドギター入れてくれるし。

ノアさんはよく
「自分の演奏は花火のようなもの」という。
その一瞬がすべてで
「そこに着信音が入ったのならそれはそれで演奏の一部」
と考えているらしい。


それがノアさんのスタイルだから仕方ない。

と、いうことで
ドラが目論んだ
「着信音入り曲録りなおし計画」は失敗に終わってしまった。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック