【弾き語り】初恋(村下孝蔵)

おはようございます^^

今朝の曲は
村下孝蔵さん『初恋』
1983年にリリースされました。



思春期の一途な思いと戸惑いが
ぎゅっと詰まってきゅんとする
もはやこの曲は
全日本人の初恋風景を歌っているといっても過言ではないでしょう!ヾ(@°▽°@)ノ

だって誰もがきっと
この歌詞のあちこちに共感するもんね
自分と重なっちゃうもんね


この曲が流行ったころ
まだ恋とは無縁だったけれど
自分もいつかこんな気持ちを体験するんだろうなぁ
なんてぼんやりした期待を抱いて
どきどきしてたことを思い出すなぁ


さて時間だ時間だ
いってきます!
みなさん
今日もがんばろうね~(‐^▽^‐)

この記事へのコメント

  • RINO

    この曲の歌詞は共感しまくりだな。
    放課後の校庭を走る君がいた
    遠くで僕はいつでも君を探してた~
    ってとこがね、高校1年の時サッカー部の子が好きで
    放課後の校庭を走る彼をいつもみてました。
    校舎の教室のベランダからいつも彼の姿探してました。。。
    遠いおもひで・・・(笑) 懐かしい。。。
    2016年12月01日 20:25
  • Dora

    >RINOさん
    そうそう!
    そうなのですよ!そういう時期、あるよねえ^^
    ちなみにこの歌が流行った数年後、ドラは陸上部の女の子が気になって仕方なかったです。放課後の校庭を走る彼女をつい目で追ってしまうのです。あれって初恋・・だったのかな;;;
    2016年12月01日 22:33

この記事へのトラックバック