日々心がけるもの(再)

昨日はバタバタしちゃって
朝の記事の続きを書けなかったので仕切りなおすことにします。
音楽に関係する思い出話しだし
カテゴリも変えて「ドラの成長記」に入れるかな。


昨朝のNoaさんとのやりとりで思い出したんだけど
むかし、ひょんなつながりで一度だけ
シャンソン歌手のリサイタルのお手伝いをしたことがあるの。
そのひとは日本人なんだけど
フランスを拠点に活動してて
時々日本で歌うの。

場所は都内のとある小劇場。
お手伝いといっても
いわゆる「使いっぱしり」なので
簡単なアレコレをしつつ気分はすっかり聴客の一人。
美しい歌声と異国の言葉の響きに夢中になって聴き入ってました。
彼女は当時40代
歌声に負けない美しく妖艶な容姿で
オトナの世界に足を踏み入れたばかりだったドラには
まるで雲の上の女神さまのように感じられました・・・

終了後
打ち上げに参加させていただいたとき
なんの話しからそーなったのか記憶にないのですが
その女神さまがニッコリと微笑んでこんな趣旨のことを囁いてくださったのです。
「いいこと?常に下着には気を配りなさいな。美しい下着を身に着けて出かけること。だって、いつ・どこで素敵な男性と出会うかわからないでしょ」

かっ・・カッコイイッ(///∇//)


(ワタシもこんなセリフが似合うかっこいい大人になるんだぁぁぁー!)
と心の中でエコー付きで叫んでた小娘のドラ。
いそいそと“オシャレな下着”を買い集め、そして気づいたのです。

オシャレな下着は着心地が悪い

ことに・・!


早々に“かっこいい大人道”からリタイアしたドラに
美しい下着が必要な突然の出会いなぞあるはずもなく
平々凡々とン十年の時が過ぎました。

そして
当時の女神さまと年齢だけは同等になった現在のドラが愛用しているのは・・・

おなかまですっぽり縫い目のないストレスフリーな下着



・・・やっぱ下着は着心地よくないとね( ̄▽+ ̄*)



せっかくの忠告を守れず生きてて申し訳ありません女神さま(><)




※女神さまのお名前はあえて伏せますが、この記事を書くにあたってググってみたら、現在もますますご活躍中でした♪
ホントに素敵な方なのです^^


この記事へのコメント

  • rinko

    そそ、下着はおしゃれにこしたことはないけど・・
    おしゃれ=きごごち抜群ってことはないよね。(;^_^A
    そして、結構高いときてる!
    ドラさんのストレスフリー下着・・いいと思います。
    それに、下着って体にあったものをつけないと・・反対に体のラインがくずれてくるからさー

    たとえば、かわいくてちっこいパンツ・・・
    お尻が大きいのに、無理に穿くと、おさまりきれずにはみでるでしょ。はみでたお肉が・・段になってしまうわけです。
    それよりも包み込んでくれる下着のほうがヒップに優しい訳ですもん。

    ただね、おしゃれじゃなくてもいいから~いつもきれいな下着は身につけましょう。よれよれのふにゃふにゃの下着はやっぱりよくないですよね。人間、その日その日になにがあるかわかりませんものねー。( ̄ー ̄)ニヤリ
    2017年01月21日 12:57
  • Dora

    >rinkoさん
    そうなのです!!
    わかってくれるねぇrinkoちゃん!
    ワタシも今じゃだんぜん付け心地重視です!年を重ねると特にね。おっしゃるとーり「段」キニナルもんねぇ><

    「カッコイイ大人の女性」にはなりそこねたけど、「気持ちいい日々」は送れているから満足まんぞく♪
    2017年01月21日 15:13

この記事へのトラックバック