探し物は山河を越えて 3

チャットじゃ当然ドラのキーがわかるハズもなく
ドラが歌う聖子ちゃんを直接Noaさんにきいてもらった。
その結果
ドラのキーは「F」だとのこと。
そしてたたみかけるように
「低いねぇ」の連発。
「女性じゃかなり低い」

正直な感想なのだろうけど
言われるたびにグサッとくる。

わかってるもん

むかしから声はコンプレックスで
「大きくなったら石になりたい」と願った小学生のころのドラ。
石は歌ったり話したりしなくていいからね。


社会人になったころ
世はカラオケブームで
なにかっつーと「カラオケいこー!」な社会に辟易していた。

鼻歌は歌うけど
音にあわせて歌おうとするとうまくいかない。
歌が下手だから仕方ない
と思っていたし
それを改善しようとも考えなかった。
他にやりたいこと・やるべきことは山積してたもん。


最近になってようやく
出だしの音が無重力遊泳するのは
自然にキーを探るからなのではないかと気づいた。
あわない曲を選択するものだから
あわせようとがんばって
結局無理な高さで歌うから高いとこがでなくて。

ワタシはずっと
キーが合わない=歌がヘタ
だと思ってきた。

けど
Noaさんの話しをきいていると
合わせることさえできればイケるのでは?
と思うようになってきた。


結局のところ
即座に合わせられない時点で
音感が悪い
ってことなんでしょうけどもね(ノ◇≦。)



この記事へのコメント